[和泉市]大型ビジョンで市民時計を放映 和泉シティプラザ

投稿者 記者・ 西田

和泉時計

和泉中央駅に隣接する生涯学習施設である和泉シティプラザの大型マルチビジョンで、1月12日から「いずみ市民時計」の放映を行っている。

いずみ市民時計は毎日3時から4時の1時間、市民が時間の書かれた看板を持った写真を1分毎にマルチビジョンにスライドさせ時間をお知らせする企画。

今年度、開館20周年を迎えた和泉シティプラザでは新たにLEDパネルを使用した画面を新調。施設の利用情報やイベント情報、観光情報などに加え、ホールイベントのライブ中継など多彩な利用が期待できる。

今回の出演者は「はたちのつどい」の参加者で、晴れやかな着物や新調したスーツに身を包んだ参加者らで構成されている。

実際にこの放映を見た桃山学院大学2回生で20歳の松村亮佑さん(堺市)と塩崎美優さん(八尾市)は「地元で『はたちのつどい』に参加したところなので感慨深く拝見している。思い出がずっと放映されているのは羨ましく、放映を見るのが楽しみだ」と話す。

今回のいずみ市民時計は一定期間放映したのち、モデルの変更も行っていく予定。

問い合わせは和泉市生涯学習担当0725・99・8161まで。

記事中に掲載されている情報は掲載日(2024年2月28日)時点のものです。

泉北・金剛さやまコミュニティでは、新しいお店の情報や季節の移り変わりなど、いろいろな情報を募集しています。
投稿・情報提供いただき、採用された方から抽選でプレゼントを進呈しています。お気軽に投稿してください。

和泉時計
最新情報をチェックしよう!