泉北・金剛さやまコミュニティ
フクロウ
読み込み中...

ノコギリで奥河内を奏でる 河内長野市在住・ミュージカルソー奏者のサキタさん

投稿者 記者・ 山本こ

9月11日にラブリーホールで公演

ミュージカルソーと呼ばれる音楽用の〝ノコギリ〞を自在に操り、まるで魔法のように、美しいメロディを奏でる。堺市出身、河内長野市在住のミュージカルソー奏者・音楽家のサキタハヂメさん(50歳)だ。

19歳の時、落語家・都家歌六の舞台でミュージカルソーに出会い、〝どこか笑えるのに泣ける〞深い音色に感動し、その魅力にのめり込んだ。独学で演奏法をマスターし、米国のノコギリ音楽世界大会で2度の優勝。05年「咲くやこの花」賞、12年「芸術選奨文部科学大臣新人賞」を受賞。世界初のノコギリ協奏曲を作曲し、オーケストラと共演した。

また、NHKの連続テレビ小説『おちょやん(20〜21年放送)』では、音楽担当として、劇中に流れる150曲もの楽曲を作曲・編曲。韓国や欧州へのツアーを敢行するなど、世界的な活躍をみせる。

南花台小学校の校歌を制作したことをきっかけに、奥河内の豊かな自然と人々の温かさに惚れこみ、8年前に河内長野に移住。「もっと色んな人に知って欲しい」と、奥河内の魅力を発信する活動をライフワークとする。その一つとして7年前から行っているのが、『奥河内音絵巻』だ。奥河内の自然や歴史・人々の美しさを光と音で表現する。

前売り券発売中

9月11日、ラブリーホール大ホールで、11時と3時の2公演(前売り券発売中、ラブリーホール0721・56・6100)。

「河内長野はインスピレーションの宝庫」と、サキタさん。「奥河内を面白がっていきたい」と、少年のような笑顔を見せた。

記事中に掲載されている情報は掲載日(2022年8月4日)時点のものです。

泉北・金剛さやまコミュニティでは、新しいお店の情報や季節の移り変わりなど、いろいろな情報を募集しています。
投稿・情報提供いただき、採用された方から抽選でプレゼントを進呈しています。お気軽に投稿してください。

最新情報をチェックしよう!