[堺市・和泉市]堺市の斎場 新型コロナ猛威の時期に稼働9割超

投稿者 記者・ 原

イメージ

新型コロナが猛威をふるっていた時期、堺市立斎場の稼働率が9割を超えていたことが分かった。

同斎場は1日最大28遺体を火葬することができ、元日以外364日の利用が可能で、堺市民以外でも利用できる。

コロナ感染症が「2類」に分類されていた当時、国の方針でコロナで亡くなった遺体は、それ以外の遺体と同じ時間帯に火葬できず、夕方5時以降に別枠を設けて火葬していた。22年度の利用件数は9554件で稼働率93・7%にのぼった。

和泉市でもコロナ禍の利用件数は平時(19年)に比べ10ポイント以上の増加となったが、堺市に比べ余裕があった。

記事中に掲載されている情報は掲載日(2024年1月26日)時点のものです。

泉北・金剛さやまコミュニティでは、新しいお店の情報や季節の移り変わりなど、いろいろな情報を募集しています。
投稿・情報提供いただき、採用された方から抽選でプレゼントを進呈しています。お気軽に投稿してください。

イメージ
最新情報をチェックしよう!