泉北・金剛さやまコミュニティ
フクロウ
読み込み中...

[富田林市・大阪狭山市]ニュータウン以外で増加 大阪狭山市の5月1日児童数

投稿者 記者・ 大西

東小は南第1小の4倍も

5月1日現在の児童(小学生)生徒(中学生)数によると富田林市で小学生が前年より65人(1・3%)少なくなり、大阪狭山市でも16人(0・4%)減った。中学生は前年よりいずれも0・3〜0・4%減少。

富田林市

藤陽中は44人増

金剛・東金剛において小学生は前年より久野喜台小が5・7%(18人)増となったが、伏山台小では12%(29人)減少。同地区全体で1・7%(42人)減っている。中学生は、前年より4%増で藤陽中は44人増えた。

5年間で伏山台小は3割減

17年からの5年間では、小学生は向陽台小が41%増なるも伏山台小は、30%減少し、市全体では、5年間で379人(7・2%)の児童が減った。中学生は5年間で金剛・東金剛地区で98人減少し市全体では452人(16%)減った。

大阪狭山市

狭山ニュータウンにおいて小学生は前年より1・7%(24人)減少。中学生は0・3%(3人)減となった。17年からの5年間で小学生は10%(157人)減り、中学生は2%(19人)減少している。

一方でニュータウン以外の地域は増加傾向にあり、東小では10年連続増加で児童数893人。10年間で11%アップ100人増加。

南第一小の児童数の4倍近くに上る。ニュータウンの南第一小と南第三小は小規模化が進み単学級が4学年もあるのに対し過密傾向の東小は、校舎等の狭隘が指摘され、地域の較差が顕著となる。市全体としてはこの5年間で小学生は2・5%(83人)減少、中学生はほぼ横ばい。

記事中に掲載されている情報は掲載日(2022年6月17日)時点のものです。

泉北・金剛さやまコミュニティでは、新しいお店の情報や季節の移り変わりなど、いろいろな情報を募集しています。
投稿・情報提供いただき、採用された方から抽選でプレゼントを進呈しています。お気軽に投稿してください。

最新情報をチェックしよう!